愛媛県南予地区のデートスポット・イベント情報

愛媛県南予地区のデート、おでかけスポットをまとめました。雨の日のデートやイベント開催、美味しい隠れ家レストラン等自然たっぷりの南予地区で楽しいひとときをお過ごし下さい。さっそくメールやラインで彼(彼女)を誘ってね♥シャイなあなたはツイッターやフェイスブックで盛り上がって友達も含めて一緒に遊びに行くのでもいいですよ!

迫力満点!大洲の鵜飼いをご覧あれ

f:id:chip600219840228:20160615150901j:plain

 

いきなりですが、質問です。鵜飼(うかい)って何か説明できますか?

「えっ!・・・そのまま訳すと鵜を飼うって事だよね?よくテレビなんかで見るけど、沢山の鵜が川の中でロープを持った人に操られるようにバシャバシャと泳いで・・・」なんて、答えられないあなた!是非この記事を読んで彼(彼女)をデートに誘ってみましょう(*^_^*)

 

鵜飼いとは、鵜を使ってアユなどを獲る漁法のひとつなんです。

 

日本全国には鵜飼いを見られる場所は13カ所あるのですが、その中でも、岐阜県岐阜市長良川大分県日田市の三隅川、そして、愛媛県大洲市の鵜飼いは日本三大鵜飼いと呼ばれています。

中でも、大洲市のうかいは、鵜匠船と客船の屋形船(やかたぶね)が併走しながら川を下るという、国内唯一の「合わせ鵜飼い」といわれる手法で行われています。

 

近くで見る鵜飼いは迫力満点間違いなしですよ(・∀・)

「昼うかい」と「夜うかい」がありまして、客船も、乗合船と貸し切り船がございますので、お好きな方を選んで頂けます。

 

時間の目安としては、乗合船と貸し切り船によって微妙に違うのですが、大体はこのようなかんじです。

「昼うかい」:集合11時30分頃 

       乗船12時頃

       鵜飼い開始13時頃

       下船13時30分頃

 

「夜うかい」:集合18時頃 

       乗船18時30分頃

       鵜飼い開始20時頃

       下船13時40分頃

 

この時間割を見ると、鵜飼い開始から下船まで30分くらいしかないじゃないか。乗船から鵜飼いまでの時間は何をするの?と思うかもしれません。

 

実は、プランには基本的に食事が付いており、折りに入ったお弁当が用意されています。「昼うかい」は1種類のみですが、「夜うかい」は4種類のお弁当から選ぶ事が出来ます。(ランクが上がれば料金追加)

 

別に「自分で食事は用意するからいいわ」という場合は、おおずまちの駅「あさもや」にて購入した食べ物だったらOKのようです。

 

しかし、そこでしか購入できないのだったら、最初から付いているお弁当を食べた方がいいと思います。きちんとした食事ですし、雰囲気も味わえると思います。

 

川の上でお弁当を食べて、お腹がいっぱいになったところで鵜飼いの始まり。というわけです。

 

「夜うかい」では、船先でかがり火を焚くことでアユを驚かせる効果があるとされているのですが、その船上のかがり火が一層迫力を増す役割も担って楽しめるようになっております。

かがり火で動きが活発になったアユの鱗が反射することで、鵜がそれを捕らえます。鵜ののどには紐が巻かれてあり、ある大きさ以上のアユは飲み込めないので、それを吐き出させて漁獲とするそうです。

 

鵜飼いの開催時期は、6月1日から9月20日までなので、他にも大洲近辺のプランを立ててから申し込みましょう。

 

お申し込みはこちら

肱川鵜伝「大洲のうかい」のお申込み